大人ニキビの原因になる洗顔料・クレンジングの成分とは!

大人ニキビの原因になる洗顔料・クレンジングの成分とは!

最近は身近なドラックストアでも、ニキビ予防のために数多くの洗顔料や石鹸が販売されていますね。

しかし、ドラックストアなどで販売されている市販の洗顔料・洗顔フォームには、界面活性剤パラベンなどのニキビに悪い成分が多く含まれ。

肌にダメージを与えたり大人ニキビを悪化させる原因となる場合があります。

そこで、今回は「洗顔料に含まれるニキビの原因となる成分とクレンジング」についての解説をしていきます。

市販の洗顔料以外に、ネット通販の洗顔料にも悪い成分は含まれていることもあるので。

お使いの洗顔料の成分は肌に安全なのかも合わせて確認してみましょう!

洗顔料に含まれる界面活性剤

皆さんもよく洗顔料に含まれる、「界面活性剤」という言葉を耳にしたことはありませんか?

界面活性剤はニキビに悪影響を与える成分として有名な成分ですが。

界面活性剤は「合成界面活性剤(石油系)」「天然界面活性剤(天然系)」の2種類に分けられます。

天然界面活性剤(天然系)

81c4dcd423fd6d33050195b0f5c68356_s

アミノ酸などの天然由来成分で配合されて、肌の汚れを分解しながら洗浄をしてくれます。

合成界面活性剤と比べても負担が少なく、肌に優しいタイプなので成分としても問題はありません。

石鹸は、天然界面活性剤で作られた代表作です。

そのため、商品名に「~石鹸」と書かれていれば天然界面活性剤なので安全と言えるでしょう。

合成界面活性剤(石油系)

44ea891af1baa371424260d2b53198fc_s

合成界面活性剤は、石油から科学的に作られた成分で「強力な洗浄力」を持っています。

泡立ちも良いので多くの洗顔料に使用されていますが、合成界面活性剤には特に注意が必要です。

強すぎる洗浄力】

合成界面活性剤は、「台所洗剤」「洗濯洗剤」にも活用されている強力な洗浄成分です。

洗い物の後は手がカサついたり荒れたりしますが、それと同じイメージが肌に起こると思いましょう。

洗顔で本来の肌に必要な皮脂も一緒に落としてしまうので、肌の乾燥などのダメージを与えてしまいます。

バリアを破壊する】

合成界面活性剤の洗浄力は肌を乾燥させるだけでなく、肌のバリア機能も破壊してしまいます。

バリア機能が弱まった肌は、ニキビや肌荒れなどの外的要因に対する抵抗力も弱まってしまいます

ニキビ対策のための洗顔が逆にニキビを悪化させることに繋がるので、合成界面活性剤を含んだ洗顔料の使用は避けましょう。

[合成界面活性剤で注意する成分の表記]

ここで市販の洗顔料に含まれる、合成界面活性剤の成分例をご紹介したいと思います。

427133-300x161

  • 「〇〇グルタミン酸」
  • 「〇〇グリシン」
  • 「〇〇硫酸塩」

これらの成分が含まれていたら、合成界面活性剤となるので表記に注意しましょう。

ニキビ悪化の原因になる洗顔料の成分

2188a6bb778bcafca396d4cbc39c375c_l

防腐剤・合成保存料

化粧品・洗顔料の防腐剤として、「パラペン」「フェノキシエタノール」という成分が活用されています。

防腐剤の成分は、ニキビや肌荒れを発生させる場合があると言われています。

特に刺激に敏感な「敏感肌」「ニキビ肌」の方は使用を控えた方が良いでしょう。

オーガニック化粧品は早く使い切るという難点はありますが、防腐剤は含んでいないため安心ですね。

エデト酸

エデト酸は、洗顔料やクレンジング剤の酸化防止のために活用されていますが、刺激が強く皮膚の粘膜を傷つける場合もあるので注意をしましょう。

香料・着色料

化粧品を使う時に良い匂いがすると気持いですよね。

しかし、合成香料や合成着色料も石油から作られた科学物質で、特に合成香料はホルモンバランスを崩してニキビの原因になることもあるので注意が必要です。

オーガニック化粧品の場合は、天然アロマオイルを使用しているので安心して香りを楽しむことができます。

その他注意すべき成分

  • オキシベンゼン
  • セタノール
  • ジブチルヒドロキシトルエンなど

スクラブ入りの洗顔料はNG

皆さんもスクラブ入りの洗顔料で、毛穴の汚れや皮脂をゴシゴシと洗おうと思うかもしれませんが、基本的にスクラブ入りの洗顔料は、ニキビを予防するにはNGです。

スクラブは刺激が強く肌を傷つける恐れがありますし、ニキビの肌にゴシゴシと刺激を与えると、逆にニキビを悪化させて跡になることもあるのでスクラブ入りの洗顔料には注意をしましょう。

クレンジングのタイプとニキビ肌の注意点

クレンジング剤も洗顔料と同じように、ニキビの症状に大きく関係をしています。また、クレンジングは肌に与える刺激も強いので、肌へ負担をかけないためにもクレンジング剤の選択には注意をしながら、適切な種類を選ぶようにしましょう。

クレンジングのタイプ別の良い点・悪い点

cc2fc6b7f60c6666e232327c0dae666a_s

①【オイルクレンジング】

油分を多く含んでいるため、濃い化粧にもしっかりと馴染んで落とすことができます。ファンデーションなどもさらっと落とすことができるので、メイクの濃い方におすすめのクレンジンング剤となります。しかし、洗浄力が強く「界面活性剤」を含んでいるほか、洗顔時に肌に必要な皮脂まで落としがちになってしまうため、肌に与えるダメージが多いので注意が必要です。また、オイルクレンジングは使用後の肌が乾燥するので、メイクオフ後にしっかりと肌を保湿しましょう。

②【シート(拭き取り)クレンジング】

シート・拭き取りタイプのクレンジングは、簡単にメイクを落とすことができるので、メイクオフの時間が取れない時に役立つアイテムですが、かなり刺激が強いのが特徴です。
界面活性剤を含んだ、強い洗浄力のシートで肌を擦ってしまうため、ニキビがある肌の方は使用を控えた方が良いでしょう。

③【ミルククレンジング】

肌に与える刺激が少ない優しいクレンジング剤として、薄いメイクの方におすすめのクレンジングです。
ただし、洗浄力が弱く水分が多いので、メイクを落とす際に肌を余計に擦ってダメージを与えないように注意が必要です。

④【ジェルクレンジング】

ジェルタイプのクレンジングは、さらっとした使用感で肌がべたつくことがなく、弾力も与えてくれることが人気のクレンジング剤です。ジェルクレンジングには「オイルイン」「水性タイプ」の種類がありますが、ニキビがある方にはオイルフリーの水性タイプがおすすめです。

⑤【クリームクレンジング】

クリームタイプは、他のクレンジング剤と比べて洗浄力が最も弱く、肌への刺激も少なめでメイクを落とすことができます。そのため、ニキビがある方にとってはバランスの良いクレンジングとなります。

ニキビと洗顔料&クレンジングのまとめ

efdab4ac02287bc362095f9a8910bfe2_s

普段のスキンケアで肌をニキビから守るためには、「合成界面活性剤」などを含んだ洗顔料の使用や、その日のメイクの状況に合わせて、肌にダメージを与えるクレンジングの使用はなるべく控えましょう。

また、ニキビは毛穴の詰まりだけでなく、肌の乾燥やバリア機能の低下も原因になります。そのため、洗顔やクレンジングを選ぶ時には、余計な刺激を与える成分を含まないオイルフリーであることや、肌の保湿と潤いが長時間持続できる化粧品を使うことをおすすめします!

ORBIS(オルビス)が販売をしているクリアシリーズは、ニキビ予防に安全&有効な成分で配合をされた肌に優しい化粧品です。実際に管理人が肌への安全性とニキビへの効果を「オルビスの口コミ&効果」にて体験済みですので、皆さんも是非参考にしてみてください!


関連記事


おすすめ記事

【サイト更新日】

2017-06-24

【悩み別人気ランキング】

  1. “背中ニキビ”を綺麗スッキリ!背中ニキビケア人気ランキング!

  2. “大人ニキビ”を徹底対策!大人ニキビケア人気ランキング!

  3. “思春期ニキビ”を卒業!思春期ニキビケア人気ランキング!

おすすめのニキビ化粧品

  1. ORBIS(オルビス)の口コミ

    ORBIS(オルビス)の口コミORBIS(オルビス)株式会社が、提供する大人ニキビ化粧品が「オル…
  2. ルナメアACの口コミ

    ルナメアACの口コミ富士フィルムが販売をしている、人気のニキビケア化粧品が「ルナメアAC」。…
  3. NON A(ノンエー)口コミ

    NON A(ノンエー)の口コミ有限会社プライマリーが提供する、薬用洗顔せっけんが「NON A(ノ…

【公式facebook】