ファンデーションで対策!ニキビ肌の方も安心の正しい選び方!

ファンデーションでニキビ対策する方法

女性の皆さんはメイクをする際に、「ファンデーション」を使用されるかと思います。毎日のお化粧にもファンデーションは欠かせないアイテムですよね!

しかし、ファンデーションがニキビを発生させたり、症状を悪化させる原因になることがあるのです。

今ニキビ・ニキビ跡のある方の場合は、肌の刺激も少なくニキビを隠すために、どんなファンデーションが良いのかということも気になるかと思います。

そこで今回は、ファンデーションがニキビを発生させる原因とファンデーションの正しい選び方のご紹介していきます。


ファンデーションとニキビの関係

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_l

女性の美しく保つためのメイクアイテムとして、誰もが毎日愛用しているファンデーションですが。ファンデーションに含まれる油分は、ニキビの原因となってしまいます。

ファンデーションに含まれる油分が、肌に塗ることで毛穴の中に入り込み、皮脂や汚れと一緒になって毛穴を詰まらせることでニキビを発生させてしまいます。

また、油分が多いファンデーションは、洗顔をする時にクレンジング剤で肌を傷つけてしまいます。傷ついた肌は、本来のバリア機能が低下して、外部刺激に対する抵抗力が弱まってしまいます。

他にもファンデーションの中に含まれている、「界面活性剤、防腐剤、香料、タルク、シリコン」などは、肌に強い刺激を与えてしまうので、ファンデーションを選ぶ時には含まれている成分にも注意しましょう!


優しいミネラルファンデーション

81c4cd97ea194454b14d029b142d8d7d_l

ニキビの原因である「毛穴の詰まり、乾燥、刺激」から肌を守るためには、肌に優しく使えるファンデーション選びはとても大切です。

そこで、肌に優しく使えるメイクアイテムとして、ニキビ・敏感肌の方におすすめをしたいのが、天然鉱物から生み出されたミネラルファンデーションです!

ミネラルファンデーションは、天然の鉱物で作られた肌に優しい無機物のため、ニキビ肌・敏感肌の方も安心して使うことができます。

しかし、ミネラルファンデーションの種類の中には、ミネラル以外の余分な成分が含まれている商品もあるので。ミネラルファンデーションを選ぶ時にも、配合成分にはくれぐれも注意をしましょう。

ミネラルファンデーションのポイント

bbf1fa3716b50bd5af471fc92a25025c_l

ここで肌に安心して使える、ミネラルファンデーションのポイントをご紹介したいと思います。

①ミネラル成分のみで配合。

ミネラルファンデーションの中では、「ミネラル100%」と記載されていても、ミネラル成分以外の余分な成分も含まれている物もあります。
配合成分数が10種類以下の商品や、ミネラルが主成分になっている商品を選ぶと良いでしょう!

②肌へのカバー力があるもの。

ミネラルファンデーションは、肌への負担が少ない分、カバー力も弱めに作られています。
特にニキビ・ニキビ跡がある方は、つい隠そうとしてファンデーションを厚く塗ってしまう傾向がありますので。肌への負担を軽くするために、少しでもカバー力があるもので薄く化粧ができるようにしましょう!

③低刺激&清潔な化粧道具。

ファンデーションをする時のブラシなどが、肌に刺激を与えてしまい炎症の原因になることがあります。
また、パウダーを付ける道具に汚れなどが付着してしまっていた場合は、お化粧の時に汚れも一緒に肌に付着してしまうことも考えられますので。
肌に直接触れるお化粧道具は、常に低刺激で清潔なアイテムでお化粧をしましょう!


ファンデーションの注意点

2188a6bb778bcafca396d4cbc39c375c_l

ニキビ肌にはフェイスパウダー

ファンデーション選びで注意していただきたいのは、液状タイプの「リキッドファンデーション」「クリームファンデーション」です。
これらのタイプは、毛穴詰まりの原因となる油分を多く含んでいるほか、添加物も多く配合されています。

ミネラルファンデーションと比べてもカバー力は高いですが、その分肌への刺激がとても強くなります。しっかりとお化粧をしたい方には向いていますが、ニキビがある肌の方はなるべく使用を控えましょう。

その点、粉状タイプの「パウダーファンデーション」は、肌へのカバー力は弱めですが含まれている油分も少なくなります。
しかし、パウダーファンデーションは、粉状といっても多少の油分は含まれているので、ニキビ肌の方は油分が全く含まれていないフェイスパウダーのみでメイクをしましょう!

化粧下地は控える

化粧下地といえば、美肌を保つためにも欠かすことのできないアイテムです。

ですが、その下地には油分が多く含まれているため、ニキビの原因であるアクネ菌を増殖させてしまいます。特にニキビが炎症している時に使うと、毛穴を圧迫して症状を悪化させることにも繋がります。

ニキビが肌にある時はもちろんですが、普段からもなるべく使用を控えるようにしましょう。


ニキビを上手く隠す方法

b8e90701ec353e98e4bca40800fae3b9_l

肌にできてしまったニキビ・ニキビ跡を隠すには、「コンシーラ―」を上手く活用しましょう。
ただし、コンシーラ―には油分が含まれているのでニキビにも良い方法とは言えません。

できれば、仕事やデートの時などのどうしてもニキビを隠したい時の対策として使用しましょう。

スティックタイプを活用。

スティックタイプのコンシーラ―は、ニキビのカバー力が最も大きいといわれています。

その他に練り状タイプのコンシーラーも、しぶといニキビ跡や今あるニキビを隠すことにとても有効です!

コンシーラ―の色は暗めにする。

コンシーラーの色は、ニキビ・ニキビ跡を隠すために肌より一段階暗めの色を選びましょう。

炎症を起こしているニキビを隠すには、黄色が良いとも言われていますが、明るめの色だと逆に目立つことがあります。
自分の肌の色と良く合わせて、なるべく暗めの色を選択するのがおすすめです!

コンシーラを使う時のポイント

コンシーラーを使う時は、肌全体に伸ばすのではなく、塗った部分を確認して重ね塗りをしましょう。

全体に載せるだけではシミは隠せても、ニキビ跡までは上手く隠すことは難しくなりますので。
塗った部分と塗ってない部分の境目も良く確認しながら、徐々に馴染ませていって、自然とニキビが目立たなくなるように隠していきましょう!


ファンデーションとニキビのまとめ

5baa675ab88a4f33ea9692d91ecc7a16_s

ファンデーションがニキビの原因となる要因は、ファンデーションをしっかりとオフできず、肌に残って毛穴を詰まれせることです。

また、ニキビ肌でお悩みの方の場合は、無理に隠そうと化粧も濃くなりがちになり。その分肌に油分も残りやすく、洗顔やクレンジングなどで落とそうとすると、余計に肌へダメージを与えてしまいます。

ニキビの肌でお悩みの方は、なるべく刺激を与えないお化粧を意識して、根本的なニキビケアを続けることが重要になります。

当サイトでも取り扱っている化粧品の中には、ニキビ跡を消すことができる「パルクレール美容液」というアイテムがあります。
パルクレール美容液のカラーコントロールは、“10秒でニキビ後を消すことができる”ことが、ネット上で大変に注目を集めております!

なかなか隠しきれない跡でお悩みの方は、是非一度パルクレール美容液をチェックしてみてください。



おすすめ記事

【サイト更新日】

2018-11-18

【悩み別人気ランキング】

  1. おでこニキビにおすすめ!人気洗顔料ランキング

  2. “思春期ニキビ”を卒業!思春期ニキビケア人気ランキング!

  3. デコボコ肌も綺麗に改善!ニキビ跡ケア人気ランキング

おすすめのニキビ化粧品

  1. ORBIS(オルビス)の口コミ

    ORBIS(オルビス)の口コミORBIS(オルビス)株式会社が、提供する大人ニキビ化粧品が「…
  2. ルナメアACの口コミ

    ルナメアACの口コミ富士フィルムが販売をしている、人気のニキビケア化粧品が「ルナメアAC」です。…
  3. NON A(ノンエー)口コミ

    NON A(ノンエー)の口コミ有限会社プライマリーが提供する、薬用洗顔せっけんが「NON A(ノ…

【公式facebook】